ばね指

あなたはこんな症状でお悩みではありませんか?

  • 指を曲げると「カクン」となる
  • 曲げると指の付け根が痛い
  • 指が伸ばしにくくて不便

手の症状は一度かかってしまうとなかなか治らないので辛いですよね。

手は生活の中でよく使う場所ですので、何よりも不便でしかたないですよね。

当院にお任せください。

症状が長引いている場合、ばね指そのものの痛みに加えて、ストレス、筋肉の緊張、体のバランスの崩れなど症状を強める要素が混在して回復を遅らせている場合があります。

当院はそんな慢性的な症状を抱えた方を専門に対応しております。

是非、ご相談ください。

 

お電話はこちらへ(当日予約OK)

042-361-1100

LINEの予約方法

「ばね指」とは?

手が痛い

ばね指とは、腱鞘炎の症状のひとつで、指の腱にコブができ、腱鞘が引っかかるため、

  • 指を動かすとカクンとなる
  • 痛みや腫れが起こる
  • 曲げた指が自動で伸ばせない

などの機能障害がおこります。

原因は、手の使い過ぎによる物理的刺激が一番です。

使い過ぎの何がよろしくないかと言えば、血流が悪くなるのです。

血流が悪くなると、老廃物が溜まり、それを流そうと血液を呼ぼうとします。

「炎症」ですね。

炎症は腫れる、赤くなる、熱くなる、痛くなる、動かない、という徴候が見られます。

これを炎症の五徴(ごちょう)といいます。

解決法としては手を使わないようにすることです。

それに越したことはありません。

使わなければ次第に血流が追い付いて治ってきます。

と、言いたいところですが、そもそも手をよく使うからばね指になっているわけで、使わないわけにいかないんですね。2、3日使わないで治るものならいいですけど、数ヶ月も使わないでいるとそれもまた血流の滞りの原因になるのでこれまた困るわけなんです。

「簡単に治るものなら悩みはしないよ!」

そう、そのとおり。そう簡単に治るものではありません。

ましてや、腱という場所は白い組織で皮膚や筋肉と比べると血流が乏しいのです。

だから余計に時間がかかる。

その時間をどう過ごすかが問題になってきます。

一般的な整形外科での「ばね指」への対処法は?

一般的にばね指になると

  • 局所安静
  • 湿布、痛み止めの薬
  • ステロイド剤の腱鞘内注射

などを行います。

それで改善する方もいますが、数回、注射しても痛みが残っていたり、弾発現象(カクンとなる)が残る場合は手術の適応になります。

ただし、手術をしてもその後長い間、違和感が残っていたり、変わらなかったりするケースも少なくありません。

しかも、本当に手術すべきだったかどうかはわからないんですね。

だったら手術する前にできることをやってみて、それでもだめなら最終手段として手術という選択をした方がいいと私は強く思います。

もしも血行不良によるものだったら、血行を改善することもせずに切ってしまうということになります。もったいないですよね。

切るのはいつでもできますし、切らなくて指が壊死して切断しなければならない手遅れな状態になるということはそうそうありません。この症状に関しては。そういう状態だったらとっくにお医者さんが対処してくれています。

まずはできることをやってみませんか?というのが私の考え方です。

当院での「ばね指」へのアプローチは?

当院では、ばね指がなかなか改善しないのは

  • 血行不良による老廃物の貯留
  • 症状が長引いていることによるストレス
  • トリガーポイントによる関連痛

であると考えております。

ばね指は、始めに起こってしまった痛みに関しては仕方がないことですが、その後の対応によって長引いたことによって症状が悪化するケースが多々見られる症状です。

ただ薬を服用する、注射を打つ、不適切な処置を繰り返すなど。

すぐに治るものでもない反面、すぐに悪化するものでもないため、わざわざ症状が長引くことをやっているというケースもあります。

指を反らすようなストレッチをするとか、患部を入念にもみほぐすなどは例えるならば、京王線で府中から新宿に行きたいのに、京王八王子行きの電車に乗っているようなものです。

たどり着くわけがありません。

当院では

  1. 全身の血行改善
  2. 患部の血行改善
  3. セルフケアの指導

を行うことで10ある辛さを軽減させ、体の回復力を助けることで改善へ導きます。

血液は全身を巡っていますからまず、全身の血行を良くすることが第一です。

当院のトリガーポイントセラピーは全身にアプローチいたします。

全身の血流が促進されたのち、行き渡っていない患部の関節を動かして血流を促します。

最後に、自分で動かすセルフケアをやってもらい、それらを地道に繰り返すことで改善に導きます。

治るまでに多少、時間はかかりますが、長い目で見たら、当院で今からしっかりケアすることをお勧めします。

「急がば回れ」ですよ。

それが一番早い方法です。

是非、ご相談ください。

お電話はこちらへ(当日予約OK)

042-361-1100

LINEの予約方法

当院が選ばれる5つの理由

1. トリガーポイントセラピーは対象が幅広いから

トリガーポイントセラピー

当院が行うメインの手技、トリガーポイントセラピーは、全身のトリガーポイント(TP)という筋肉の硬結(しこり)の好発部位を集めてパッケージ化したものです。

そのため、初めての方でも幅広い症状に対応できるという最大の強みがあります。

全身に施す手技なので、本人がまったく自覚のなかった問題個所を見つけ出すことができますので、症状の再発を防ぐことができます。

2. 丁寧なカウンセリングを行っているから

丁寧なカウンセリング

当院では初回60分のうち、20~30分はカウンセリングの時間をとっています。

話をよく聞いて、体の動きを見て、詳しく説明して、ご納得いただいた上で施術を進めていきます。

当院は完全予約制の貸切施術です。

どんな些細なことでも構いません。

誰にも気兼ねすることなく話ができますので、遠慮せずにお話しください。

3. アフターケア、生活習慣のアドバイスが役立つから

役立つアフターケア、生活習慣のアドバイス

当院では再発予防と早期回復のためにセルフケアと定期メンテナンスを勧めています。

日常生活での姿勢や動作の特徴を見つけて、

  • 自分でできる対処法
  • 簡単なエクササイズ
  • 楽に過ごせる体の使い方

など、プロの視点から、アドバイス、指導をしています。

自分で体を動かす方法を知っていると安心感が増すというメリットがあります。

為になる情報はどんどんお伝えしています。

 

4. 治癒力が高まるから

効果が長続きするから

どんな症状でもすぐに治ってしまえば悩むことはありません。

多くの人の悩みは症状そのものより、

  • なかなか治らない
  • 何度も繰り返す

ことです。

当院の施術は、表面の筋肉だけでなく、体の一番奥の関節にまでアプローチをすることで体の芯からバランスを整え、回復力を元に戻して、再発しにくい体づくりをします。

5. のべ24000人以上に支持された療法だから

JACM認定証

当院院長は、日本カイロプラクティック医学協会(JACM)認定のカイロプラクターです。

カイロプラクティックの技術はもちろん、解剖学、生理学、病理学、整形外科学などの基本的な医学を学んだ土台の上に、のべ24000人以上の施術経験がございます。

当院では症状が出ている部分だけでなく、全体的な施術を進めていきます。また、体の構造的なことだけでなく、生活習慣も含めた包括的な療法です。

 

院長からのメッセージ

院長写真

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
院長の新田 卓弘です。

体が元気でいることはとても大切です。

どこか痛いだけで、気分が沈みます。

気分が沈むと体を動かすのが億劫になります。

ちょっとしたことでイラっとします。

目に映るものが否定的になってきます。

体が元気になることでこれが逆転します。

気分が明るくなります。

体を動かしたくなります。

気分がよくて目が輝いてきます。

目の前がはっきりするのでありのまま物事を受け止められるようになります。

元気な状態が続くのと、元気でない状態が続くのとでは、同じ人が同じ生活をしていてもまるで違う人生になるのです。

私はカイロプラクティックを通して健康のお手伝いをいたしております。

是非、当院へご相談ください。

 

新田カイロ整体 院長 新田卓弘

お電話はこちらへ(当日予約OK)

042-361-1100

LINEの予約方法