ブログ記事一覧

【からだの使い方】筋肉を憶えよう:足の親指の筋肉

足の親指の筋肉   今回から筋肉をとつとつと憶えていきましょう。 今回は母趾。 足の親指に付いている筋肉を紹介します。 足の親指に付いている筋肉は全部で6つ。 内在筋が…
▼続きを読む

【からだの使い方】筋肉を憶えよう:3つの項目

筋肉3つの項目   もうそろそろ筋肉を憶えていきましょう。 筋肉を知るために以下の3つを憶えましょう。 名称 起始停止 作用 と…
▼続きを読む

【からだの使い方】筋肉を憶えよう:起始停止の距離と収縮力

起始停止の距離と収縮力 筋肉の収縮力は起始停止の距離が保たれていることで 発揮することができます。   起始停止の距離が近すぎても、遠すぎても筋肉の収縮力は発揮されません。 ジャ…
▼続きを読む

【からだの使い方】筋肉を憶えよう:筋線維のタイプ

筋線維のタイプ 今回は筋線維のタイプ。 筋線維には 赤い色をした筋肉と白い色をした筋肉とがあります。 赤い筋肉を赤筋。 白い筋肉を白筋といいます。   赤筋は別名「遅…
▼続きを読む

【からだの使い方】筋肉を憶えよう:筋肉の収縮様式

筋肉の収縮様式 今回は筋肉の収縮様式。収縮の仕方についてです。   筋肉は関節に動きがあるかないかで以下のように分かれます。 等張性(アイソトニック)収縮 ・・・肘を曲げ…
▼続きを読む

【からだの使い方】筋肉を憶えよう:筋肉の名称

筋肉の名称 筋肉には名前がついています。 大胸筋、腹直筋、上腕二頭筋・・・   名前には特徴が入っていて、 例えば大胸筋であれば胸にある大きな筋肉だと何となくわかりま…
▼続きを読む

【からだの使い方】記憶の種類

記憶の種類 記憶とは、新しい事象を憶えて必要な時に引き出す働きです。 記憶には内容による分類と時間軸にもとづく分類があります。   内容による分類 陳述記憶(宣言的記…
▼続きを読む

【からだの使い方】筋肉を憶えよう:筋肉の収縮のしくみ

筋肉の収縮のしくみ     筋肉は関節をまたいで骨に付着し 収縮することで関節を動かします。   前回出てきました筋原線維を見ていきます。 筋原線維は筋小胞体という…
▼続きを読む

【からだの使い方】筋肉を憶えよう:筋肉の構造

筋肉の構造 今回は筋肉の構造。 筋肉は細い線維が膜につつまれて束になってできています。   一番細い線維が筋原線維(きんげんせんい)です。 筋原線維が束になって筋線維(き…
▼続きを読む

【からだの使い方】筋肉を憶えよう:筋肉の部位名

筋肉の部位名 今回は骨格筋の部位名。 骨格筋は骨に付着して収縮することで関節を動かします。   筋肉には向きがあり、始まりと終わりがあります。 始まりの付着部を起始(き…
▼続きを読む

【からだの使い方】筋肉を憶えよう:筋肉の種類

筋肉の種類 今回は筋肉の種類です。   筋肉は3種類あります。      横紋筋 平滑筋 心筋   1.横紋筋 横紋筋は骨格を動…
▼続きを読む

【からだの使い方】関節を憶えよう:関節と動き

関節と動き 各関節と動きを憶えましょう。 関節の動きは大まかに憶えましょう。   上肢は肩関節、肘関節、手関節があります。 下肢は股関節、膝関節、足関節があります。 …
▼続きを読む

【からだの使い方】関節を憶えよう:種類と構造

関節の種類と構造   今回は関節。 関節は骨同士が連結したもので、 不動関節と可動関節に分かれます。 不動関節はほとんど動きがないか全く動きがありません。   …
▼続きを読む

【からだの使い方】骨を憶えよう

骨を憶えよう   今回は骨を憶えます。 最初は大まかに憶えましょう。   体幹の骨 頭蓋(とうがい)・・・頭の骨。 5種7個の脳頭蓋と10種16個の顔面頭…
▼続きを読む

【からだの使い方】体の表現:方向

方向 今回は方向。   方向は上下、前後、左右、内外があります。 それぞれ体で使う方向の言葉を憶えましょう。   【上下】 上:上方(じょうほう)…
▼続きを読む

【からだの使い方】体を憶えよう:体の部位の名前

からだの部位の名前   今回は体の部位の名前。 これはイメージがつくのでどんどんいきます。   頭部:あたま 顔部:かお 頚部:くび 項部:くびの後ろ、うなじ…
▼続きを読む

【からだの使い方】体を憶えよう:体を分ける面

体を分ける面   今回は体を表す面について。   からだを分ける面は3つ。 たったの3つです。 憶えましょう。   左右に分ける面 矢状面(…
▼続きを読む

体の使い方:体を憶えよう

体を憶える順番 どの順番で体を憶えたらいいのか。 それは以下の通り。   1. 骨 2. 関節 3. 筋肉     ここまで憶えれば 筋トレ…
▼続きを読む

大きな関節と小さな関節

背骨 大きな関節とは 股関節、膝関節、足首の関節 肩関節、肘関節、手首の関節 です。 見た目も大きいですし動きも大きいです。 大まかな動きを担当します。  …
▼続きを読む

【症状の見方】部分よりも全体をとらえる

部分か全体か 腰痛にはこの治療。 肩こりにはあの治療。 外反母趾にはこれ。 腱鞘炎にはあれ。 五十肩にはそれ。 モートン病にはどれ。 …………。 なぜ、整体や整骨院、カイロ…
▼続きを読む
1 / 812345...最後 »
このページの先頭へ