変形性股関節症

あなたはこんな症状でお悩みではありませんか?

  • 小さい頃に「先天性股関節脱臼」「臼蓋不全」と診断された
  • 動き始めに脚の付け根が痛い
  • 太ももやお尻、腰、背中が痛い
  • 長い距離を歩くと股関節がだるい、一晩寝れば治まる
  • 左右の脚の長さが違う

変形性股関節症は進行性です。脚の付け根が少し痛い、でも寝れば治る。という程度で始まり、進行すると安静にしていても痛みがあるようになり、歩行が困難になり、手術することもあります。

だからといってあきらめて何も手を打たずに時期がきたら手術というのはお勧めできません。

当院では使える限り、自分の股関節を使っていただくためにできることがあります。

是非、当院へご相談ください。

一カ月程で早足大股で歩く事が出来る様になりました。

歩行困難で苦慮している時、新聞のチラシを家族が見つけ、取りあえず電話し、来院しました。

検査の結果、股関節が固まり、腰骨がせり上がる状態でした。

週一回施術を受け、原因を追及して、毎回指導を受け、毎日の生活で出来るストレッチも教わり、一カ月程で早足大股で歩く事が出来る様になりました。

毎回の通院治療が楽しみとなりました。

府中市押立町 70歳 会社役員 Y.Mさん

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

お電話はこちらへ(当日予約OK)

042-361-1100

LINEの予約方法

「変形性股関節症」とは?

変形性股関節症とは股関節に起こる変形性関節症で

関節軟骨の変性、摩耗によって骨棘、骨硬化が起きて関節が破壊され、結果として関節の見た目が変ってしまう病態です。

原因は約8割が先天股関節脱臼の放置によるものです。⇒亜脱臼性股関節症といいます。

他には、老化、遺伝、ホルモン、リウマチ、外傷、不明とありますがそんなに多くありません。女性に圧倒的に多く見られます。

症状は

  • 痛み:初期は一時的で、進行期は持続性
  • 可動域制限
  • 跛行
  • 筋力低下、筋委縮

などがあります。

一般的な「変形性股関節症」への対処法は?

変形性股関節症は予防的手術が合理化(良いと)される数少ない症例のひとつです。

予防的手術とは現在症状がなくても、何の問題がなかろうと5歳児だろうと6歳児だろうと年齢問わず将来のために手術します。これは整形外科的に正しい判断です。

もう一つはもうなってしまった人が対症療法的に、痛みを何とか和らげるために手術するという場合があります。

手術ができない、どうしてもしたくない。という人には

  • 体重管理
  • 杖の使用
  • 筋力訓練
  • 消炎鎮痛剤投与

などの保存療法がおこなわれます。

 

当院での「変形性股関節症」へのアプローチは?

変形性股関節症の変形した骨は元に戻すことはできません。

戻すことはできませんが、進行していく病態です。

初期は痛みは少ないですが、末期になっていくと常に痛みを抱えることになります。

そうならないように当院では次のようなアプローチを行います。

  1. 定期的な筋肉の緊張のリリース(トリガーポイントセラピー)
    ⇒関節の進行の防止
    ⇒痛みの緩和
  2. 股関節のモビリゼーション
    ⇒可動域減少の進行防止
    ⇒歩行の維持
  3. 腰椎のCMT
    ⇒下肢への血行促進
    ⇒筋肉の弛緩
    ⇒痛みの緩和

痛みのつらさは骨が変形したものもありますが筋肉のトリガーポイントが痛みを増幅させていることのほうが多いのです。

痛みを緩和したうえであなたに合った負担をかけない歩行や、必要であれば無理のない体重管理も行います。コミュニケーションをとりながらいつまでもあなたが自分の股関節が使えるようにフォローさせていただきます。

是非、ご利用ください。

「変形性膝関節症」杖を使わずに歩けるようになりました

正座がしづらく、歩く時も痛みが出たりしたのですが、整形外科で「変形性膝関節症」だと診断されました。別の整体に4年間通ったのですが、改善されず、こちらのカイロプラクティックに通院しました。

施術後に膝に負担をかけない歩き方、椅子からの立ち上がり方等々、納得いくまで説明してくれました。先生は十分なコミュニケーションをとりながら実際に体を動かしてクセ等をチェックしてくれます。次回に、試したことや体の状態を見て、再びより良い効果が得られるように考えてくれ、希望を持たせてくれたおかげで杖を使わずに歩けるようになりました。

府中市住吉町 63歳 主婦 Y.Fさん

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

お電話はこちらへ(当日予約OK)

042-361-1100

LINEの予約方法

当院が選ばれる5つの理由

1. トリガーポイントセラピーは対象が幅広いから

トリガーポイントセラピー

当院が行うメインの手技、トリガーポイントセラピーは、全身のトリガーポイント(TP)という筋肉の硬結(しこり)の好発部位を集めてパッケージ化したものです。

そのため、初めての方でも幅広い症状に対応できるという最大の強みがあります。

全身に施す手技なので、本人がまったく自覚のなかった問題個所を見つけ出すことができますので、症状の再発を防ぐことができます。

2. 丁寧なカウンセリングを行っているから

丁寧なカウンセリング

当院では初回60分のうち、20~30分はカウンセリングの時間をとっています。

話をよく聞いて、体の動きを見て、詳しく説明して、ご納得いただいた上で施術を進めていきます。

当院は完全予約制の貸切施術です。

どんな些細なことでも構いません。

誰にも気兼ねすることなく話ができますので、遠慮せずにお話しください。

3. アフターケア、生活習慣のアドバイスが役立つから

役立つアフターケア、生活習慣のアドバイス

当院では再発予防と早期回復のためにセルフケアと定期メンテナンスを勧めています。

日常生活での姿勢や動作の特徴を見つけて、

  • 自分でできる対処法
  • 簡単なエクササイズ
  • 楽に過ごせる体の使い方

など、プロの視点から、アドバイス、指導をしています。

自分で体を動かす方法を知っていると安心感が増すというメリットがあります。

為になる情報はどんどんお伝えしています。

 

4. 治癒力が高まるから

効果が長続きするから

どんな症状でもすぐに治ってしまえば悩むことはありません。

多くの人の悩みは症状そのものより、

  • なかなか治らない
  • 何度も繰り返す

ことです。

当院の施術は、表面の筋肉だけでなく、体の一番奥の関節にまでアプローチをすることで体の芯からバランスを整え、回復力を元に戻して、再発しにくい体づくりをします。

5. のべ24000人以上に支持された療法だから

JACM認定証

当院院長は、日本カイロプラクティック医学協会(JACM)認定のカイロプラクターです。

カイロプラクティックの技術はもちろん、解剖学、生理学、病理学、整形外科学などの基本的な医学を学んだ土台の上に、のべ24000人以上の施術経験がございます。

当院では症状が出ている部分だけでなく、全体的な施術を進めていきます。また、体の構造的なことだけでなく、生活習慣も含めた包括的な療法です。

 

院長からのメッセージ

院長写真

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
院長の新田 卓弘です。

体が元気でいることはとても大切です。

どこか痛いだけで、気分が沈みます。

気分が沈むと体を動かすのが億劫になります。

ちょっとしたことでイラっとします。

目に映るものが否定的になってきます。

体が元気になることでこれが逆転します。

気分が明るくなります。

体を動かしたくなります。

気分がよくて目が輝いてきます。

目の前がはっきりするのでありのまま物事を受け止められるようになります。

元気な状態が続くのと、元気でない状態が続くのとでは、同じ人が同じ生活をしていてもまるで違う人生になるのです。

私はカイロプラクティックを通して健康のお手伝いをいたしております。

是非、当院へご相談ください。

 

新田カイロ整体 院長 新田卓弘

お電話はこちらへ(当日予約OK)

042-361-1100

LINEの予約方法