トリガーポイントセラピー

トリガーポイントセラピーの紹介

当院のメインの施術であるトリガーポイントセラピーについてお話しします。

いかなる考え方を持って施術を行っているかで、ただのマッサージのようなものになってしまうのか、目的に沿った手技になっていくのかが大きく異なってきます。

人の体はほとんど同じ

人の体は、頭があって、胴体があって、手足がある、という同じ構造をもっています。

どなたもご飯を食べますし、寝ます。程度の差はあれ、立ったり、座ったり、歩いたりと体を動かしています。

同じ構造をもっていて、同じ動作を行うということは、だいたい同じ部分に疲れがたまることが考えられるのです。

どんな方にも生じるであろうトリガーポイントこそが、影響範囲が広く、あらゆる症状の発生や増幅、治癒遅延の根源になっていると考えています。

トリガーポイントセラピーのメリット

当院のトリガーポイントセラピーは、どなたにも高率で発生しやすいトリガーポイントへのアプローチを集めて詰め合わせた施術になっています。

 

ここにどんなメリットがあるかというと、

どんな症状の人が受けたとしても、その効果が見込めるということです。

普通に生活していて、起こりうるであろうトリガーポイントの放置が症状の根本原因であることがほとんどですので、9割以上の方は症状が楽になります。

 

手技そのものは気持ちがよいので、自律神経が関係する症状を和らげることも期待できます。

症状が楽になる上に気持ちがいいというのは続けて通いやすく、続けられるということは治りやすいということにつながります。

一人一人に合わせた調整

人それぞれ生活環境、性別、年齢、性格、好みなど異なる所もあります。

 

例えば、筋肉を押すにしても痛がりの方や、怖がりの方、ちょっと痛いくらいが効いてると感じる方など、さまざまです。

そのさじ加減は、話を伺いながら、反応を感じながら、臨機応変に対応しています。

 

人はその時その時で常に変化する流動的な存在です。

前は効果があったからと言って同じことで効くとは限りません。

数値を図って、それに合わせて事務的に施術を行うだけなら、人間がやる必要はないかと思います。

不定愁訴は感情や感覚など、数値では測れないところに影響します。

どんな人がどんな人にどんな施術を行うのか。

が、効果の是非が問われるところだとわたしは考えています。

写真は左右にスライドできます

1. 膝曲げ、足首回し

1. 膝曲げ、足首回し

膝関節と足関節を動かし、太ももの前、スネ、ふくらはぎの筋肉の緊張を緩めます。

2. 足の裏押圧

2. 足の裏押圧

足の裏の筋肉の緊張を緩め、クッション機能を回復させます。

3. ふくらはぎ押圧

3. ふくらはぎ押圧

ふくらはぎの筋肉の緊張を緩め、足関節と膝関節のあそびを回復させます。

4. 太もも押圧

4. 太もも押圧

ももうら、内ももの筋肉の緊張を緩め、膝関節、股関節のあそびを回復させます。

5.  カエル脚(臀部押圧)

5. カエル脚(臀部押圧)

股関節と膝関節を動かし、お尻、うちももの筋肉の緊張を緩め、膝関節、股関節、骨盤、腰椎のあそびとクッション機能を回復させます。

6. 腰から背中押圧

6. 腰から背中押圧

腰から背中にかけての筋肉の緊張を緩め、背骨と肋骨のあそびとクッション機能を回復させます。

7. 腕取り

7. 腕取り

肩関節、肩甲骨を動かし、背中、肩、首、二の腕の筋肉の緊張を緩め、肩周りの柔軟性を回復させます。

8. くびと肩周りの押圧

8. くびと肩周りの押圧

首から肩にかけての筋肉の緊張を緩め、首の骨のあそびとクッション機能を回復させます。

新田カイロ整体

〒183-0022東京都府中市宮西町3-4-1 T.K.Kビル1号室