私が開院した理由

私が開院した理由

私が開院した理由

私は府中生まれ府中育ち。ごく普通の家庭で育ちました。
一人で院を営んでいこうなんて思いもしませんでした。

大学卒業後は一般企業に就職しました。
就職までは順調でしたが、学校や部活動などと違い、終わりがありません。

「これを生涯続けるのか…」気が重い毎日でした。
かといって、辞めて何するんですか?という話。

とりあえず「資格をとってそれを利用できるところに転職しよう」と考えたのです。

書店の資格のコーナーへ行き、資格の本を探している時にカイロプラクティックを知りました。

その時に「独立開業」という考えが芽生えました。
半年後、退職し、大川カイロプラクティック専門学院に入学しました。

働きながら学習

働きながら学習

学ぶものは「体に関すること」ですから、身近です。

大川学院では「学び方」を学びました。

習った知識は帰って家族に披露。
習った技術は勤め先で反復。

夜間部に通いつつ、昼は整骨院の施術助手をしました。

筋肉を中心に施術するというスタイルが同じでしたので多くの患者さんに触れることができました。
人一倍不器用な私にとって実践の場が多かったのは恵まれていたと思います。

直営院で修行

施術

施術技術と知識だけでは独立は出来ません。
直営院であるとごし銀座院でスタッフとして働きました。

電話応対やチラシの配布、患者さんとの接し方、施術の進め方、姿勢や体操の指導など、総合的に学ばせていただきました。

2年半お世話になり、開院する運びとなりました。

府中に開院

日本カイロプラクティック医学協会認定証

2008年4月、府中市宮町に新田カイロプラクティックセンター府中みやまち院をオープンしました。
2015年4月、駅からは少し離れた宮西町に院を移し、院名を「新田カイロ整体」と改め現在に至っています。

元気になる。話せる。動かせる。学べる。気付ける。役立つ。
自分が通うならこんな整体院がいいなあ。ということを頭に描いています。

心のお休み処として、体の学び処として、いつまでも「元気に動く体づくり」をサポートできるよう日々精進しています。

新田カイロ整体 院長 新田卓弘

このページの先頭へ