坐骨神経痛-お尻、脚が重だるい

坐骨神経の見方に付いて

当院の来院理由1番の腰痛と一緒に、多くの坐骨神経痛でお悩みの方がいらっしゃいます。 病院で「坐骨神経痛」と言われても詳しくはわからない。けどなんかとても悪い病気にでもかかったのではないかと心配なさる方もいます。

ここでは坐骨神経痛についてのお話と当院の対応のお話をいたします。参考になさってください。

 

坐骨神経痛とは何でしょうか?

坐骨神経痛はとてもつらいです

坐骨神経ってわかりますでしょうか?

人体最大の神経です。腰の下の方から出て、たくさんの枝を出しながら、お尻、脚の後側を下って 最終的には足の裏まで至ります。

坐骨神経は脚のほとんどの運動と感覚を支配します。下半身では、お尻と太ももの前、内もも以外は全部坐骨神経が担当しています。

坐骨神経痛とはその大きな坐骨神経が痛むことです。

坐骨神経の神経の根元部分で何かが起こると脚全体が痛く感じてしまうことがよくあります。

痛みの出方は程度によりさまざまで、
なんかちょっと違和感がある、
という軽いものから
電撃的な痛みで立っていられない、

崩れて落ちてしまう、
というものまで様々です。
当院へいらっしゃる坐骨神経痛の方は
「ドーンと重いような感じの痛み」
と訴える方が多いです。

痛みが出るタイミングも様々で
「寝ていると痛い」とか「歩いていると痛む」など、
いろいろです。

感覚も様々です。
神経過敏になって痛いという人もいれば
感覚が鈍くなる人もいます。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の見方

坐骨神経痛の原因というと腰椎椎間板ヘルニアが最も有名です。耳にしたことはあるのではないでしょうか。他にも脊椎分離症、脊椎すべり症、変形性脊椎症など、みな背骨のトラブルですが、坐骨神経痛の原因となっています。

 

 

しかし、病院に行っても異常がないと言われた。
「坐骨神経痛ですね。」と言われて、
どんな治療をするかと思えば
電気を当てたり、機械で引っ張ったりして
湿布とビタミン剤、痛み止めの薬を処方されて

様子を見ましょう。

ということで、全然改善せず、
当院を見つけ出して、来院して
改善している人が多くいます。

そういった方は一体何が原因だったのでしょうか。

 

トリガーポイントによる関連痛

坐骨神経痛のような関連痛

答えはトリガーポイントによる関連痛です。日頃の生活習慣での癖で、お尻や腰、脚などの筋肉が緊張して硬くなり、トリガーポイントが活性化して痛みが引き起こされたということです。

筋肉自体が痛みを発することもありますし、 硬くなった筋肉が坐骨神経に圧迫を加えて神経痛になることも十分に考えられます。

例えば長時間のデスクワークで椅子に座りっぱなし。
坐骨神経に負担をかけてもおかしくありません。

営業回りや立ち仕事で坐骨神経を引っ張るような
姿勢を無意識に繰り返して、気付かずにそのまま過ごせば
ある日突然坐骨神経痛に遭遇することも少なからずあります。

ヘルニアの診断を受けても、実は痛みの原因は、
ヘルニアによるものではなく、筋肉のトリガーポイント
によるものであることは今までの施術体験でも
数多く例を見ます。

もちろん本当にヘルニアによるものもあります。
それはトリガーポイントセラピーをすればわかりますし、
手術をするレベルでないものであれば保存療法ですから
筋肉を緩めてなるべく椎間板への負担を減らすような
対処をすることで早い治癒も望めます。

トリガーポイントはあなたが抱える
坐骨神経痛の原因の何割かは
しめているはずです。


その割合が大きければすぐに改善します。
実際は坐骨神経痛とトリガーポイントの関連痛の
混合で痛んでいることが多いです。

人によって坐骨神経痛の状態は様々ですが、
多くは、楽になったり辛くなったりを繰り返しながら、
3ヶ月から6ヶ月ほどで痛みを気にせず生活できるようになっています。

人の細胞の入れ替わるサイクルが6ヶ月ほどです。
繰り返しトリガーポイントをリリースして、
体操や姿勢を意識して体の使い方を体が憶えること
以前とは違った体に変わっていきます。

坐骨神経痛でお悩みで今度こそちゃんと
直そうとお考えなら一度ご相談ください。

 

当院へ坐骨神経痛で来院した方の声を紹介します。

Mさん
<会社員>
(府中市新町在住)

「自分の受け止め方を丁寧に説明していただける」
(坐骨神経痛で来院されました)

坐骨神経痛で歩行が辛く、4か月くらい整形外科でリハビリと投薬を受けて多少痛みは和らぎましたが根本的な解決はしませんでした。ホームページを見て、院長の説明が詳細に載っていて良さそうだったので伺ってみました。ただ施術をするだけでなく、原因とそれに対する自分の受け止め方を丁寧に説明していただけるので大変良いと思います。

Kさん
<事務員>
(府中市押立町在住)

「普通に歩けるようになりました」
(坐骨神経痛で来院されました)

長時間、寒い部屋での会議で足が冷えてしまい、整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。薬をもらって安静にする事を指示されましたが効果はありませんでした。弟の紹介で新田カイロ整体へ通い始めました。最初にお話をよく聴いてくださいました。すぐにどうこうなるものではなかったのですが、ふっとアドバイスを思い出して姿勢を整えてみたり背中を意識してみたり生活の中に根付いていくと徐々によくなり、普通に歩けるようになりました。

Yさん
<会社員>
(府中市本町在住)

「痛くないカイロがあることも知ってほしいです」
(坐骨神経痛で来院されました)

2009年、喘息後に右のお尻の部分が痛くなりました。整形外科に通い坐骨神経痛と診断、マッサージなどを受けて少し改善しました。新田カイロ整体は主人の紹介で院長が信頼できそうだったので通ってみました。筋膜へのアプローチは痛くないし理論が分かり、体に良い小さな運動を学べます。痛くないカイロがあることを知ってほしいです。

 

 

是非、ご相談ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ