腰痛予防:モノを持ち上げるとき【動画あり】

じっくり見てみよう

 

下の物を持つ時、次の3つのポイントに気を付けてください。

 

1. 足を前後にずらす。両足を揃えない

2. 足の向きは平行になるように。足先が外に向かない

3. 足の横幅は骨盤の幅よりも小さく

特に、1番は気をつけましょう。

 

両足が揃った時点で体は前傾します。

 

自分の体を支えることに力を注いだまま物を持ち上げようとすると腰に大きな負担がかかります。

 

持ち上げる時に痛めることは意外に少ないものです。

 

その時に溜め込んだストレスが後でなんてことないちょっとした動作の時に「ギクッ」とくるのです。

 

もしも「ギクッ」と来た場合は日頃の体の使い方を見直す必要があります。

 

これは悪いことではありません。

 

ここで体の使い方を改善すると生活が変わります。

 

内容は変わりませんが、疲労が少なく、モチベーションが上がります。

 

できないことがあっても、

 

「今は」できないだけ。「明日は」できる。「明日は」やる。

 

と前向きな気持ちに変わってきます。

 

前向きな時は血の巡りも神経の流れもよく、コリの立ち入るスキはありません。

 

痛み=とんだ災難

 

 

ではなく、

 

 

痛み=絶好の機会

 

 

と、とらえてみてはいかがでしょうか。

===================================================

【府中の整体マッサージ】新田カイロ整体

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線府中駅から徒歩7分

TEL:042-361-1100 「ブログを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ