立ちあがる時、腰が痛い。どういう立ち方が良いですか?

椅子

腰が痛くなると「前かがみ」が辛くなります。

でも、生活は前かがみになることしかないのではないかというくらい前かがみになります。

立ちあがる時は「前かがみ」になります。これが腰に響くことが多いのです。

 

ポイントは「脚の使い方」です。

腰が痛くなっている場合、足が横並びになってしまっています。

前かがみになった身体を支えることができるのは脚ですが、横並びになっていると

腰に負担がかかります。

 

脚を前後にずらすことで片足は立ちあがりに、片足はストッパーにと役割を分担できますので

腰や背中に余計な力が入らずに楽に立ちあがることができます。

 

立ちあがりのポイントは脚を前後にずらすということです。

 

椅子からの立ちあがり座りの動画をご覧ください。

 

===================================================

【府中の整体マッサージ】新田カイロ整体

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線府中駅から徒歩7分

TEL:042-361-1100 「ブログを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ