足の向きは方向。股関節の違和感、首が回らない。外反母趾、膝の痛み

内ももは司令塔

 

体の違和感や不調は「動き」がないことです。

何気なく立っている時、歩いている時に両足の向きはどうなっているでしょうか。

 

足先の向きが大きく関わるのは、股関節です。

股関節が開いてしまうと構造上、内ももの筋肉が働かなくなります。

内ももの筋肉は足が外側に向くと筋肉の距離が短くなるので力が入らなくなります。

膝が伸びきった時も同様です。

 

内ももの筋肉は脚と胴体を安定させる役割があります。

司令塔の役割です。

この筋肉が使われないと司令塔を失うことになりますから、

おのおのの筋肉が個人プレーに走ることでいろんなところにアンバランスが現れます。

 

腰痛、外反母趾、膝の痛み、股関節の違和感、首が回らない、寝違えなど。

 

症状を予防するというよりも足先は平行にそろえるように使用したほうがスマートでラクに身体が使えます。

元気になります。立ち方の2つ目のポイント「足の向きを平行にする」ということについて

動画をとってみました。↓


===================================================

【府中の整体マッサージ】新田カイロ整体

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線府中駅から徒歩7分

TEL:042-361-1100 「ブログを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ