下半身:足首、膝の痛み、股関節の違和感、腰痛に有効な立ち方

立ち方の基本は歩く

 

足の捻挫や膝の痛み、股関節の違和感は背骨の緊張によって引き起こされることが多いです。

背骨の緊張はどのように起こるかというとそれは

体の前傾姿勢です。

 

なぜ体が前傾姿勢になるかというと

両足が横並びになっているからです。

横並びになると人は横広の状態になり、前後に不安定になります。

前後に不安定になると後ろに倒れるのと前に倒れるのであれば

前に倒れる方が安全なので前傾になるのです。

 

前傾になると体が前に倒れないように体の後面のアウターマッスルが緊張します。

それにより背骨の微調整が利かず、足の骨の動きのズレを修正できなくなります。

それが脚を痛める原因となります。

 

足を前後にすることで片方の足が全体重を支えもう一方の足は次の移動地点に素早く回り込むことができます。

また、前足が重りになってくれるので体重が骨の上に乗るようになりますので背骨周りの筋肉がリラックスします。

それにより足首、膝、股関節、腰の痛みが和らぎます。

 

 

===================================================

【府中の整体マッサージ】新田カイロ整体

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線府中駅から徒歩7分

TEL:042-361-1100 「ブログを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ