悩むのと考えるのとは違いますか?

まわるといえばメリーゴーランド

違います。

考えるは頭が動いている状態。

悩むは頭が動いていない状態です。

 

体でもダラダラしている状態と

テキパキしている状態があります。

 

ダラダラしていると体が重くなってこりかたまって不快な気分になります。

同じように、悩んでいると頭が固くなって不快な気分になってきます。

からだとちがってタチが悪いことは感覚が鈍くなる。言い換えると正確な感覚でなくなることです。

 

例えば、タバコはストレス解消になる。

やめると禁断症状が出て心に良くない。だから吸わないとだめだ。

 

と、いうように逆転した決断になります。

やることなすこと裏目に出るので、余計に動かなくなり、どんどん殻が分厚くなってきます。

 

考えているのか悩んでいるのか知る方法

自分が悩んでいるのか考えているのか知る方法があります。

それは、考えるというのはテキパキですから、長時間続かないものです。

逆に悩むというのはダラダラなので永遠にできます。

 

悩みを解決するには、考えるに切り替えることです。

どうやるのかというと、数字を使います。

 

期限を決める。ということです。

 

考えるのは10分と持ちません。全力で走っているイメージを持ってください。

長続きしません。

 

ですから、1分、2分、3分などタイマーで時間を決めて

その時間で悩んでいるテーマに対しての策を紙に書きだします。

 

悩みは、同じことをぐるぐるとまわっているだけなので、

そのわずかな時間でも策が出なくて、つまってきます。

 

そこから初めて頭は悩むモードから考えるモードになります。

やってみてください。

 

もし、面倒なら、もっと悩んでいたいんだな。

もう少しダラダラしていたいのだな。悩むことそのものが目的なんだ。

と思ってもらえればいいかなと思います。

 

わたしも日々来院している方を見ていますと「悩むこと」を目的としている方がいます。

そういう時は解決を求めていないので、体をほぐしながら一緒に悩んでいます。

体をほぐすととりあえず楽になりますから。

 

いつまでも先に進まず、本気で悩みを解決したい!というなら先ほどの方法を実行してもらいます。

 

まずは悩むモードを考えるモードに変えないと、

本当の意味で活動は起こりません。

考えると悩むの違いは、「頭が動いている/止まっている」の違いです。

 

 

===================================================

【府中の整体マッサージ】新田カイロ整体

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線府中駅から徒歩7分

TEL:042-361-1100 「ブログを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

 お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ