【筋肉を憶えよう】股関節を動かす筋肉1(内転筋群)

股関節内転筋群

 

股関節を動かす筋肉は膝関節を動かす筋肉と

かぶっているものがありますので、

新登場のものだけ紹介します。

 

膝関節で登場した筋肉

※カッコ内は股関節の作用

 

 

大腿直筋(屈曲)

縫工筋(外旋)

大腿二頭筋(伸展)

半腱様筋(伸展)

半膜様筋(伸展)

薄筋(内転)

 

です。

 

股関節の内転筋

股関節は臼関節ですので動きは屈曲伸展、外転内転、外旋内旋全て担当します。

今回は内転筋4種を新たに紹介します。

 

恥骨筋(ちこつきん)

短内転筋(たんないてんきん)

長内転筋(ちょうないてんきん)

大内転筋(だいないてんきん)

 

 いずれの筋肉も起始は骨盤です。

内転筋はほぼ全て恥骨を起始としています。

大内転筋のみ恥骨から坐骨にわたって付着しています。

 

全ての筋肉が大腿骨の内側に停止を持っています。

 

内転筋は薄筋以外全て単関節筋です。

膝関節がほぼ屈曲伸展しか行わないので、

屈筋、伸筋は二関節筋が多いのに対し、

股関節の外転、内転の筋肉は単関節筋が多いのだと思います。

 

以上、股関節の内転筋の紹介でした。

 

=================================================

【新田カイロ整体】筋トレできるカイロプラクティック整体

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線「府中駅」から徒歩7分
京王線・JR南武線「分倍河原駅」から徒歩10分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩11分

TEL:042-361-1100 「ホームページを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ