【筋肉を憶えよう】肘を動かす筋肉

肘を動かす筋肉

 

今回は腕に行きましょう。肘を動かす筋肉5種。

 

屈筋

上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)

上腕筋(じょうわんきん)

腕橈骨筋(わんとうこつきん)

 

この3つです。

 

上腕二頭筋は「二頭」なので起始が2つあります。

長頭と短頭があります。

長頭の起始は肩甲骨の関節上結節です。

短頭の起始は肩甲骨の烏口突起です。

停止は橈骨の橈骨粗面です。

肘を屈曲させるほかに前腕を回外させる働きもあります。

 

上腕筋はシンプルな肘の屈筋です。

その理由は停止部が尺骨だからです。

前腕の回内回外は橈骨が回ることで行われます。

尺骨に停止している上腕筋は回外回内運動には関与しません。

起始は上腕骨の遠位2/3の前面です。

 

腕橈骨筋の起始は上腕骨外側上顆

停止は橈骨の茎状突起です。

手首の橈側の出っ張った部分です。

 

腕橈骨筋は肘を屈曲させる働きもありますが、

回外位(手掌が前方を向いた位置)と回内位(手背が前方を向いた位置)から

半回内位(気をつけの時の手の位置に)回旋させる働きもあります。

伸筋

上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)

肘筋(ちゅうきん)

 

この2つです。

 

上腕三頭筋は「三頭」なので起始は3つあります。

停止は尺骨の肘頭(ちゅうとう)

肘の出っ張りの部分です。

 

3つの頭はそれぞれ

長頭、内側頭、外側頭といいます。

長頭の起始は肩甲骨の関節下結節です。

内側頭も外側頭も上腕骨の後面で、

内側頭の方が広くて下の方についています。

外側頭は上腕骨の上の方についています。

 

脚でいう大腿四頭筋のようなもので、

強力な肘の伸筋です。

 

肘筋の起始は上腕骨外側上顆です。

停止は尺骨後面の上部です。

肘を安定させる役割があります。

 

以上が肘を動かす筋肉でした。

今回はここまで。

 

=================================================

【新田カイロ整体】筋トレできるカイロプラクティック整体

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線「府中駅」から徒歩7分
京王線・JR南武線「分倍河原駅」から徒歩10分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩11分

TEL:042-361-1100 「ホームページを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ