【からだの使い方】記憶の種類

記憶の種類

記憶とは、新しい事象を憶えて必要な時に引き出す働きです。

記憶には内容による分類時間軸にもとづく分類があります。

 

内容による分類

陳述記憶(宣言的記憶)

意識をともなう。言葉やイメージによって表現できる記憶です。

意味記憶とエピソード記憶(出来事記憶)があります。

  • 意味記憶・・・言葉の意味や固有名詞、事実、法則などの知識
  • エピソード記憶・・・個人の経験や出来事

 

非陳述記憶(非宣言的記憶)

意識をともなわない技術やクセなどの記憶です。

自転車の乗り方や歩き方、体の使い方などの運動は時間が経っても忘れません。

いわゆる体で覚えるという記憶です。これを手続き記憶といいます。

 

時間軸にもとづく分類

時間軸にもとづく分類には、感覚情報保存(感覚記憶)、短期記憶、長期記憶があります。

 

感覚情報保存(感覚記憶)

目や耳をはじめとした全身の感覚器からの情報です。

特に意識をしない限り1秒程度で消失すします。

 

短期記憶

必要な時に一時的に憶えておく記憶で

15~30秒程度しか保持できない記憶です。

 

長期記憶

短期記憶が繰り返されることにより

分単位から年単位で長期に保存される記憶です。

 

**********

体の使い方は記憶と深くかかわりますので憶えておきましょう。

 

例えば私のブログなどは特に意識しなければ読んでもすぐ忘れることでしょう。

 ですので「憶えましょう」というのは、何かの拍子に繰り返し思い出しましょう。

ということです。

 

筋肉が収縮しているのは○○○○○が放出されているのだなあ、

今、肩関節を矢状面状に動かしているから屈曲と○○だな。

筋肉には3種類あって骨格筋と○○筋とあと一つは心臓の何だっけ?

 

というようにお遊び感覚で繰り返していると憶えてしまいます。

=================================================

【新田カイロ整体】自由に動かせる体をいつまでも

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線「府中駅」から徒歩7分
京王線・JR南武線「分倍河原駅」から徒歩10分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩11分

TEL:042-361-1100 「ホームページを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

 

コメントを残す

このページの先頭へ