違和感を覚える理由

つり合いをとる

 

違和感ですから、

何か違う感じがするのです。

 

例えば、小指を柱の角にぶつけてイタイ!

 

これ、違和感になりません。

でも、ぶつけた後、幾日たっても痛みが引かない場合どうでしょう。

それが違和感なんです。

 

本来、こうなるであろう感覚と実際感じている感覚にズレがある。

 

数字で表すと、

本来は「3」の痛みが「5」に感じるとか、

逆に「8」の痛みが「2」に感じるとか。

 

感覚が狂うのが違和感です。

 

違和感を解消するのは「自覚」です。

 

「ああ、だからこの感覚なんだ。」

 

この自覚が違和感を減らすことになります。

そうすると、自分で直すべきところは直していきます。

これが体の修復力です。

 

自覚はそれが事実でもフィクションでも構いません。

話しが自分の中でつながればいいわけです。

 

自分のことですからどのようにつなげるのも自由です。

それで調子が良くなるならそれでいい。

 

勉強でもそうです。

学んだことをその後の自分の幸せのために

上手く利用できるなら多少ズレた理解でもいい

と、私は思います。

 

どんなことを目的(考え方のベース)としているか。

 

例えば、目的が「楽しく暮らす」として

でも現実は全然楽しくない。つらいばっかし。

それは、目的とズレてるからです。

 

目的と合わせるには、「つらい、楽しくない」と思うことを

「楽しい」と切り替えるにはどんな考え方ができるか。

 

または、

 

目的を「つらくて楽しくない」とすれば、

合ってますね。

その状態を「幸せ」といいます。

==================================================

【新田カイロ整体】府中の元気サポートカイロプラクティック

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線「府中駅」から徒歩7分
京王線・JR南武線「分倍河原駅」から徒歩10分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩11分

TEL:042-361-1100 「ホームページを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ