階段を降りるのがつらい:伸張性(エキセントリック)収縮の低下

エスカレーター

階段を上るのと、降りるのどちらが楽ですか?
元気な人は降りる方が楽だというんですね。

だからエスカレーターは昇りが多い。
でも実は、体の機能が衰えている人にとっては降りる方が辛いんです。
機能が衰えるとどんなことに支障が出るのかというと、

伸張性収縮あるいはエキセントリック収縮です。
どういうものかというと、
まさに階段を降りる時や、座る時、前かがみになる時、物を置くときなど、力を入れながら腕や脚、背中の筋肉が伸びていく収縮のことです。伸びていく収縮なんてちょっとわかりにくいですね。

もしも全部の力を抜けば階段は転げ落ちるでしょう。
前かがみは前に勢いよく転倒します。
座る時は思いっきりお尻を打ち付けるし、
物は叩きつけられます。

そうならないのは筋肉がブレーキをかけているから。
そう、ブレーキ。ブレーキの機能が低下してくるのです。
だから、お年寄りやイライラしている人はとても乱暴に見えます。

ドンっ!て座ったり、
ガチャン!と扉をしめたり
お支払いの時にお金をポーンと投げたり、
買い物の時に野菜を戻すときにポンと投げたり。

これはみんなエキセントリック収縮の低下。

よくリハビリで行う筋力トレーニングはわたしが耳にする限り
短縮性収縮あるいはコンセントリック収縮を主に行っているようですが、
だからいつまでたっても全然回復しないんです。

エキセントリック収縮を鍛えないと。

では、ここでエキセントリック収縮の鍛え方。
まさにゆっくり、スローで動くということ。
当院へいらっしゃる方もこれ出来ない人多いですよ。

でもこれできたら体が一気に回復する人多いですよ。
やってみてください。

エスカレーターは下りを増やしてあげてください。
とってもゆっくりのスピードにしないとエスカレーターに乗れませんよ。
元気な人は階段を使えばいい。

今日はここまで。

 

===================================================

【新田カイロ整体】府中の健康維持カイロプラクティック

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線「府中駅」から徒歩7分
京王線・JR南武線「分倍河原駅」から徒歩10分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩11分

TEL:042-361-1100 「ホームページを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ