【府中のからだ塾】筋肉のお話~骨格筋・平滑筋・心筋~

筋肉が強くて速い

カイロプラクターは筋骨格系の専門家です。今回は筋肉のお話をしていきます。筋肉、知らない人はいませんよね。筋肉の説明は施術しながら簡単にしているのですが、詳しく知って理解すると効果が高まってきます。普段はなかなか時間がないので、ここで筋肉について学びましょう。

 

筋肉の種類

以前、たしか筋肉の分類についてお話したような気がします。

筋肉は大きく2つに分かれるのでした
随意筋・・・自分の意思で動かせる筋肉。運動神経に支配されています。
不随意筋・・・自分の意思で動かせない筋肉。自律神経に支配されています。

そして筋肉には3つの種類があるというお話もしましたね。

  • 骨格筋・・・いわゆる筋肉
  • 平滑筋・・・内臓を作る筋肉
  • 心筋・・・心臓の筋肉

でした。今回は3つをさらりと見ていきましょう。

 

体を動かす「骨格筋」

骨格筋は顕微鏡で見るとよこしま模様になっていて、横紋筋(おうもんきん)ともいいます。 後々お話する(予定)筋肉の構造、収縮のお話に深く関係があります。

骨同士を結んで関節を動かします。わたしたちが普通にいう筋肉です。 トリガーポイントが発生して肩こり腰痛などをひき起こして時に私たちを悩ませる筋肉です。

格段に強くて速く収縮します。持続力は無くて動きつづけることはできません。

 

内臓の壁をつくる「平滑筋」

平滑筋は内臓の壁を作る筋肉です。

ホルモン焼き、好きですか?あれは平滑筋です。ちなみにハラミは横隔膜ですが、横隔膜は横紋筋です。

胃と腸とか生命維持に必要な筋肉です。動きが遅いのですが持続力があります。

 

いいとこどりの「心筋」

骨格筋の強さとスピード、平滑筋の持続力を兼ね備えた筋肉、心筋。

当然、力は平滑筋よりもあります。そして一生働いていますね。あ、やきとりのハツ、好きですか?コリコリとしてますね、ハツは心筋です。

心臓にだけ見られる特殊な筋肉です。

 

骨格筋、平滑筋、心筋のまとめ

骨格筋は強くて速い。持続力がない
平滑筋は弱くて遅い。持続力がある
心筋は強くて速い、持続力がある。

まとめるとこんな感じです。

筋肉は、植物から動物に進化する過程で、生命を維持するためにまず平滑筋ができて、次に心筋、心臓ができて大きく複雑になっていき、最後により活発に動いて生き残るために骨格筋が出来たのだそうです。

ですから骨格筋が一番複雑なつくりになっているんですね。

骨格筋を憶えてしまえばあとは比べながら楽に憶えられます。
ということで次回は、骨格筋の構造について見ていきます。

筋肉の構造、収縮のしくみがわかると、肩こりや腰痛の原因となっているトリガーポイントについても理解できます。

それでは今回はここまで。

 

===================================================

【新田カイロ整体】府中の健康維持カイロプラクティック

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線「府中駅」から徒歩7分
京王線・JR南武線「分倍河原駅」から徒歩10分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩11分

TEL:042-361-1100 「ホームページを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ