【府中のからだ塾】正常な細胞とがん細胞

がん細胞

久しぶりの投稿です。今回は少し、向きを変えて「がん」についてお話します。

概数です。毎年、日本人は何人の方がお亡くなりになっているかご存知ですか?

100万人です。

そのうち過半数の60万人が3大成人病でなくなっています。

その60万人の半分の30万人ががんで亡くなっていて、20万人が心疾患、10万人が脳血管疾患です。

ちなみに、自殺は約2万人超、交通事故は4000人弱だそうです。

死亡する人の3人に1人はがんで亡くなっているということです。

がんというのは正常な細胞が正常でなくなってしまうことなのですが、そこで、正常な細胞とはどんなものか見ていきましょう。

細胞

細胞は生物の最小単位です。

人間の細胞の数は37兆個。ついつい最近までは60兆個と言われていて、わたしもそう教わってきました。

37と60じゃエライ違うきがしますが、そんなに影響はないのでしょう。へー、そうなんだ。という感じですね。

 

細胞の構造は脂質でできている「細胞膜」で包まれ、中には遺伝子が保管されている「核」と、細胞が実際に仕事をする場所である「細胞質」があります。

細胞質には、タンパク質を製造する「ゴルジ装置」、エネルギーを生み出す「ミトコンドリア」などがいます。

細胞の役割はそれぞれの体を形作ってチームプレーで仕事をしています。

 

正常な細胞というのは

  • いるべきところにいる
  • するべきことをする
  • 時期が来たら死ぬ

という3つの掟があります。

 

こういった正常性は全て核の中に入ったDNA、遺伝子情報によってコントロールされています。

しかしこれが、何かのきっかけで正常な細胞の遺伝子に変異が起こるとどうなるのでしょうか。

通常は直ちに修正されます。

が、あまり繰り返されて変異が蓄積されると、そのうち細胞が正常性を失ってしまいます。異常になるということですね。

3つの掟、

  • あるべき場所にいる
  • やるべき仕事をする
  • 時期が来たら死ぬ

を破り始め、調和を乱します。

よその細胞を物理的に押しのけようとしたり、出すべきでないホルモンを出したり、それでいて、寿命がなくなります。つまり、死なない。永遠にそこに居座り続けて分裂をし続けるという状況になった細胞たちを「がん細胞」といいます。「がん細胞」が大きくなって目に見えるようになったのが「がん」。あるいは「悪性腫瘍」といいます。

今回はここまで。

===================================================

【新田カイロ整体】府中の健康予防カイロプラクティック

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線「府中駅」から徒歩7分
京王線・JR南武線「分倍河原駅」から徒歩10分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩11分

TEL:042-361-1100 「ホームページを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ