【府中のからだ塾】動作の名称5―やや特殊なもの―

ニシキアナゴ

 

今回で動作の名称シリーズ最後です。

 

足関節

足首です。

足首の屈曲、伸展を以前やりましたが、その他に足首は足の裏を内側に向けたり、外側に向けたりできます。

足の裏を内側に向けるような動きを「内がえし」

外側に向けるような動きを「外がえし」

と言います。

 

外がえしと内がえし。

これは憶えやすいですね。

「外がえし」、「内がえし」という簡単な言い方をもう難しく言うと、「外反(がいはん)」、「内反(ないはん)」と言います。

専門書などでは、外反・内反が多くみられます。

 

また肩です。

肩を持ち上げたり戻したりという動きです。

「拳上(きょじょう)」、「下制(かせい)」。

あるいは

「引き上げ」、「引き下げ」。

と、言います。

これはわかりやすいですね。

拳上という言葉は持ち上げるということで普通の日本語として使います。

下制という言葉は日常ではあまり使わないですね。

医学用語とか、解剖学用語とかではよく出てきます。

下の方に押し付けるような動作のことをいいます。

 

回内(かいない)・回外(かいがい)

回内、回外という動き。

回内、回外というのは肘、もしくは前腕限定の言葉です。

肘を90度に曲げた状態から手のひらを上に向けるような動作が「回外」。

反対に手のひらを下に向けるような動作が「回内」です。

 

実は人間だけが自分の目で自分の手のひらを見ることができるのです。

自分の前足の手のひらを自分で見ることができるのは人間だけ。

というわけで回内・回外というのは非常に大切な、人間だけができる動きだということです。

回外、回内でした。

 

手指一般

手指、手の指です。

手の指の外転・内転と言う場合の基準線は正中線ではありません。

手の外転・内転を言う場合の基準線は中指、第3指になります。

指は5本あって、中指が真ん中の指になりますので、これを基準にして、

中指から離れるような動きを「外転」。

中指に近づくような動きを「内転」と言います。

指を開く動きを外転。

指を閉じる動きを内転。

指一般の外転・内転でした。

 

母指

今度は親指です。

親指についてだけは、ちょっと特別な言い方をしますので気を付けてください。

親指は特別なネーミングが決まってます。

4つ。

・ 外転=手掌から離れる

・ 内転=手掌に近づく

・ 伸展=橈側に動く

・ 屈曲=尺側に動く

 

やや解剖学的に難しくいえば外転、内転というのは「矢状面上の母指の動き」と言います。

矢状面というのは左右に分ける面でした。

解剖学的肢位から親指が前にいったり戻ったりするのが外転、内転となります。

また、からだを前後に分ける面というのは冠状面、前額面、前頭面と言いました。

冠状面に沿って動く母指の動きが屈曲、伸展となります。

 

95%はこれだけ憶えていれば大丈夫です。

違う言い方もあるので知ってた方が得です。

外転=掌側外転(しょうそくがいてん)

内転=掌側内転(しょうそくないてん)

手のひらを基準としてそこから離れていくから「掌側外転」。

手のひらを基準としてそれに近づいていくから「掌側内転」。

そう言ったほうが丁寧だろうという考え方かも知れません。

掌側って言葉がついただけなのでそんなに難しくないですね。

 

もう1つが屈曲伸展の別の言い方。

伸展=橈側外転(とうそくがいてん)

屈曲=尺側内転(しゃくそくないてん)

 

伸展の動きは親指が橈側に動きます。

また、解剖学的肢位になれば親指が正中線から離れる動きでもあります。ですので「橈側外転」。

反対は親指が正中線に近づく動きであって、また尺側に近づく動きでもあるから「尺側内転」。

 

橈側外転=伸展

尺側内転=屈曲

掌側外転=外転

掌側内転=内転

 

でした。

 

5回に分けて紹介した体の動きの名称。いかがでしたでしょうか。

実際に施術の時、利用者さんに対してはこのような言葉はあまり使いません。

からだに興味のある人には余すことなくお教えしています。

それではこの辺でおしまいです。

===================================================

【新田カイロ整体】府中の健康予防カイロプラクティック

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線「府中駅」から徒歩7分
京王線・JR南武線「分倍河原駅」から徒歩10分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩11分

TEL:042-361-1100 「ホームページを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ