【府中のからだ塾】動作の名称4―内旋・外旋―

 白い花

内旋(ないせん)・外旋(がいせん)

今回は、「内転・外転」と紛らわしいから気を付けてくださいと、あらかじめ言っていました「内旋」、「外旋」です。

言葉の意味としては「内側に回す」、「外側に回す」ということです。

 

肩関節

肩関節を・・・

「内側に回す」、「外側に回す」。

これをやるときに、肘を伸ばした状態で目一杯捻じってしまうと、その捻りの中には肩の内旋と、肘の内回りの動作が含まれてしまいます。

肩の内回りと肘の内回りが合わさった動きにになってしまうので、肩の内旋がどれぐらいできるのか、ということを検査するときに、正確にわかりません。

そこで、ルールとしてどうやるかというと・・・

「肘を90度曲げてる状態」で「内旋」・「外旋」を行います。

肘を曲げたところを上から見て、前腕がどれぐらい動くか。

ということを見れば、内旋・外旋の角度がどのくらいあるかを見ることができます。

 

肩の内旋・外旋の動作テストをやるのであれば、肘を90度曲げて行う。

これもお約束です。

 

手が内側に動くような動きを内旋。

手が外側に動くような動きを外旋。

 

しつこいですが内転・外転は字が似ていますが、縁もゆかりもない動作で全く違うものです。

 

股関節

股関節です。

肩関節では肘を曲げたように、股関節では膝を曲げます。

 

足が外側に行くと股関節は内側に回るので内旋。

足が内側に行くと股関節は外側に回るので外旋。

 

外と内が逆だということに気づきましたでしょうか?

足が「内」側で股関節「外」旋。

足が「外」側で股関節「内」旋。

足が行く向きと股関節のまわる向きは逆になります。

 

股関節の外旋、内旋。そんなに難しくはないですね。

今回はここまでです。

「動作の名称シリーズ」まだ続きます。

 

===================================================

【新田カイロ整体】府中の健康予防カイロプラクティック

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線「府中駅」から徒歩7分
京王線・JR南武線「分倍河原駅」から徒歩10分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩11分

TEL:042-361-1100 「ホームページを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

 

コメントを残す

このページの先頭へ