【院長の勉強部屋】関節2つの分類

関節の分類

 

関節は大きく2つの分類に分かれます

1. 形状による分類

2. 運動軸による分類

では、それぞれ見ていきましょう。

 

形状による分類

1. 平面関節

骨同士が平面で接していて、わずかに滑る程度の可動域しかない関節

【例】仙腸関節・椎間関節

 

2. 蝶番関節

ドアの蝶番のように屈曲と伸展のみ可能な関節

【例】腕尺関節(肘関節)・指節間関節

 

3. 車軸関節

一方の骨が縦軸の周りを回転する関節。

【例】上-下橈尺関節・正中環軸関節

4. 楕円関節

関節頭が楕円形で屈曲伸展とそれに直交する屈伸運動が可能な関節。回旋はできない。

【例】橈側手根関節(手関節)

 

5. 顆状関節

関節頭が楕円形で関節窩が浅く、靭帯によって方向が制限されている関節。

【例】膝関節・顎関節

 

6. 鞍関節

馬の鞍に人がまたがった形の関節。回旋は出来ない。

【例】母指手根中手関節

 

7. 球関節

関節頭が球形であらゆる方向へ動かすことができる関節。

【例】肩関節・胸鎖関節

8. 臼状関節

関節窩が臼のように深い関節。安定性が高いですが、可動域は狭くなります。

【例】股関節

 

運動軸による分類

1. 一軸性関節

 運動軸が1つで1面だけの運動が可能な関節

【例】蝶番関節・車軸関節

 

2. 二軸性関節

 運動軸が2つあり、2面の運動が可能な関節

【例】楕円関節・顆状関節・鞍関節

3. 多軸性関節

  三次元のあらゆる方向に運動が可能な関節

【例】球関節

 

 

===================================================

【府中の整体マッサージ】新田カイロ整体

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線府中駅から徒歩7分

TEL:042-361-1100 「ブログを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ