【院長の勉強部屋】関節の構造~13のキーワード~

関節の構造

 

今回は関節の構造に関わる13のキーワードを紹介します。

 

1. 骨端

骨の端の部分です。

 

2. 関節軟骨

骨端部は硝子軟骨でおおわれています。関節の骨同士の摩擦を防ぐ役割があります。

 

3. 関節頭

骨端部が凸状になっている部分を関節頭といいます。

 

4. 関節窩

骨端部が凹状になっている部分を関節窩といいます。

 

5. 関節包

関節を包み込んでいる袋を関節包といいます。

 

6. 滑膜

関節包の内側の膜です。滑液の吸入と分泌を担っています。

 

7. 線維膜

関節包の外側の丈夫な膜です。

 

8. 関節腔

関節包の内腔を関節腔といいます。

 

9. 滑液

関節腔を満たす関節液のことを滑液といいます。

血管のない関節は滑液によって物質交換を行っています。

 

10.靭帯

線維結合組織が帯状に伸びたもので関節を強力に保護します。

基本は関節の外に付いています。

 

11. 関節内靭帯

関節の中にある靭帯を関節内靭帯といいます。

【例】 膝関節の十字靭帯・股関節の大腿骨頭靭帯

 

12. 関節円板

関節の中にある線維軟骨。関節の適合に働きます。

 

13. 関節半月

関節円板と同じく関節の中にある線維軟骨。関節の適合に働きます。

 

 

【関節は動かなければ死んでしまう】

関節の中には血管が走っていないため、血液による物質代謝が行われません。

関節の物質代謝を担う滑液は、関節が動くことで滑膜に吸入、分泌されることで行われます。

 

関節が動かなくなると、代謝が行われなくなるので関節内の軟骨が死んではがれてしまいます。

関節内の組織は壊れてしまうと再生しません。軟骨がはがれ、骨端の骨がむき出しになると骨同士が当たるたびに激痛が走るようになります。

変形性膝関節症の予防は日頃から関節を動かすことで現状維持ができるのです。

関節はどんどん動かしましょう。

 

 

===================================================

【府中の整体マッサージ】新田カイロ整体

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線府中駅から徒歩7分

TEL:042-361-1100 「ブログを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

 

コメントを残す

このページの先頭へ