【院長の勉強部屋】骨の5つの役割

骨の役割

 

今回は 「骨の役割」 を5つ紹介します。

 

1. 軟組織の支持

 骨がなければフニャフニャになります。筋肉がいくら強く縮んでも骨が弱ければ力を発揮することができません。

 骨が土台として支持をすることで体を動かすことができます。

 

2. 運動装置の役割

運動は筋肉が収縮することで骨を引っ張り関節を動かすことで起こります。

 

3. 器官の保護

 心臓や肺、脳、眼球、耳など大切な器官を守る働きがあります。

 

4. 骨髄における造血作用

 全身をめぐる血液は、骨髄でつくられています。

 新生児の時はどの骨でも骨髄が血液をつくっていますが、成人になると胸郭、脊柱、骨盤、そして各関節の限られた場所でしか作られなくなります。関節を動かすことは造血作用を促すことにもなります。

 

5. カルシウムの貯蔵

 全身のカルシウムの99%は骨に貯蔵されています。

カルシウムは筋肉の収縮や神経伝達など体の重要な役割を担っています。

 

その他にも骨の表面の骨膜には感覚神経があり、体の位置や圧力、痛みなどを伝える働きがあります。

骨を丈夫にするには関節をよく動かすことです。

 

 

===================================================

【府中の整体マッサージ】新田カイロ整体

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線府中駅から徒歩7分

TEL:042-361-1100 「ブログを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ