【院長の勉強部屋】骨を覚えよう~その4:胸郭(きょうかく)~

胸郭の骨を覚えよう

 

今回は 「胸郭(きょうかく)」 です。

 

胸郭は

1. 胸椎

2. 肋骨(ろっこつ)

3. 胸骨(きょうこつ)

で作られています。

 

胸郭には

1. 胸腔内臓器の保護

2. 上肢、頸部の筋肉の付着と支持

3. 呼吸運動

という役割があります。

 

心臓や肺を守る働きと、呼吸に深くかかわる部分です。

胴体の多くの部分を占めます。

 

わたしが体の硬さを見る時に一番意識するのはこの胸郭の硬さです。

 

体が硬い人は胸郭が硬く、膨らんでいます。

胸郭は筋肉、関節がたくさんあります。

ですのでしっかりと深く呼吸をするだけで体が柔らかくなったり、代謝が上がったりします。

 

大切な部分です。

 

それぞれ見ていきましょう。

胸椎は 『【院長の勉強部屋】骨を覚えよう~その3:脊柱(せきちゅう)~』 でお話しましたのでここでは割愛します。

 

1. 肋骨

肋骨は左右12対24本あります。

背側ではそれぞれの胸椎と関節し、腹側では肋軟骨を介して胸骨につながっています。

 

真肋・・・第1肋骨から第7肋骨までは1つの肋骨に対しそれぞれ肋軟骨があります。

仮肋・・・第8肋骨から第12肋骨までは肋軟骨を共有していたり持っていなかったりします。

浮肋・・・仮肋の中でも11番、12番の肋骨は胸骨にはつながっていません。

 

肋骨は息を吸うと外に広がり上に上がります。

息をはくと内にしぼみ下に下がります。

 

2. 胸骨

胸骨は3つの骨からできています。

 

1. 胸骨柄(きょうこつへい)

  一番上についている骨です。鎖骨と第1肋軟骨、第2肋軟骨とつながります。

 

2. 胸骨体(きょうこつたい)

  胸骨丙の下についています。胸骨丙と胸骨角(きょうこつかく)をつくり、第2肋骨がつながります。

  第3から第7肋軟骨は胸骨体につながります。

 

3. 剣状突起(けんじょうとっき)

 

腰痛や膝の痛み、肩こり、首の痛みなどはこの胸郭の動きを回復させると楽になる傾向がみられます。

 

 

次回は 「下肢」 の骨を紹介します。

 

===================================================

【府中の整体マッサージ】新田カイロ整体

東京都府中市宮西町3-4-1T.K.Kビル1号室
京王線府中駅から徒歩7分

TEL:042-361-1100 「ブログを見て…」とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~16:00

お問い合わせフォームは24時間受け付けています。
質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
===================================================

コメントを残す

このページの先頭へ